« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

ご無沙汰でしたぁm(._.)m

最近更新していなかったのに

皆さんからたくさんコメントいただいて

ほんとに励まされました。

 

ありがとうございます。

 

澄空はほんとに嬉しかったです。

このブログを通していろんな方と知り合えて

励まされて

共感してもらったり叱咤激励を受けたり。

 

『1人じゃない』んだって

心から思えました。

 

感謝でいっぱいです。

 

また元気に病みながら

ブログ更新していきますので

今後ともよろしくお願いします!

復活澄空でした!

| | コメント (4)

2006年7月18日 (火)

足踏み・・・

今までだってそうだった。

減薬してはじめの頃は

落ち着かなかったり、もやもやしたりしてた。

でも

気をしっかり持って

乗り越えてきた・・・

 

なのに・・・

今回は・・・

 

この三連休

いつも以上の胸騒ぎ・・・

落ち着かなくて涙があふれてくる。

気力だけじゃ

乗り切れなくて・・・

 

連休明け

早速クリニックに行ってきた。

 

『もう一度戻してみようか。』

担当医が話す。

―その方が体のためだ・・・―

頭ではわかってるのに

心がなんとなく

『悔しさ』が残った。

 

初めての減薬足踏み・・・

 

だけど、落ち込むのはこの時だけにしよう!

また、踏み出す勇気を復活させなきゃ!

落ち込んでなんていられない。

| | コメント (8)

2006年7月16日 (日)

澄空の大冒険

2006年7月12日

この日は4時間弱の一人旅決行の日。

前夜はあまり眠れなかった。

・・・うまくいえないけど

『武者震い』ならぬ『武者不眠』 (なんじゃそりゃ)

 

自分の可能性がどこまであるのか

そんなことを考えると

ワクワクして眠れなかった。

 

朝を向かえ

寂しがっていつも以上にべったりの娘・・・

―行けるのかな?泣いちゃうかな?―

 

でも娘は笑顔で送り出してくれた。

娘の精一杯の応援。

―よし!大丈夫!―

何よりの励ましを受けてバス停へ向かう。

 

通勤ラッシュのバスの中・・・

普通でもドキドキするのに

この混雑はきつかった。

 

―ヤバイ!変な汗かいてきた・・・―

 

その時だった。

後から乗り合わせた女性が窓を開けてくれた。

―助かった・・・―

外の空気に触れなんとか落ち着きを取り戻す。

 

バスターミナルに着いた。

予想していた場所とは違う停留所。

―ここは、どこだ?―

またあせりと動揺が出てきた。

 

―どうしよう―

 

『どこまで行くんですか?』

バス会社の人が声をかけてくれた。

事務的ではなく、とても優しい声。

乗り場と、もうすぐ来ることを親切に教えてくれた。

 

ふぅ~

肩の力が少し抜ける。

バスに乗りここから3時間。

ー行けそうだ!―

 

バスの密室が辛く感じてきた。

そんな時母からメールが入る。

―大丈夫!―

 

そんなことを繰り返しながら目的の地に着いた。

 

迎えがいない!

―まじかよぉ・・・―

一気に不安になる。

少し経って違う場所にいた『友』と出合った。

 

『友』の家に着いた。

でも、緊張が解けない。

昼食を作ってもらって

食べていても緊張が更に増していく・・

 

―頓服飲もうかなぁ・・・―

そんな不安定な気持ちが

出たり入ったりしていた。

メールがなる。

『美月』からだ。

仕事中はめったにメールが来ない『美月』・・・

メールを読んで肩の力がすっかり抜けた。

思わず笑みがこぼれた。

―何やってんだろ私・・・―

 

それからはいつもの自分になれた。

 

帰りは旦那が迎えに来てくれて

澄空の大冒険は幕を閉じる。

 

今回の旅で気づいたことは

『人の優しさ』『大きな励みになる』ということ。

 

くじけそうになった時、背中を優しく押してくれた。

見ず知らずの人、バス会社の人、母、

そして『美月』・・・

 

澄空は1人じゃない!

みんなに支えられているんだ。

 

旅の終わりは

娘の目いっぱいの笑顔に出迎えられて

気分よかった。

 

この旅は確実に私の糧になった。

 

応援してくださった皆様のコメント、

大変嬉しく思ってます。

それもまた澄空を成長させてくれました。

 

澄空はまた一歩進めました!

| | コメント (12)

2006年7月13日 (木)

今日は診察日…o(;-_-;)oドキドキ♪

2006年7月13日

今日は2週間に一度の診察日。

いつもより早く着いたのはいいけど・・・

―あ、診察券忘れちゃった・・・―

どっか抜けてる・・・昨日の冒険の疲れかな・・・

 

診察室に呼ばれる。

―さあ今日は減薬になるのかな?―

不安と緊張・・・

 

なぜならば、次に減るだろう薬はメインの薬になるから。

担当医と話をする。

『調子よさそうだね。眠気はまだあるんだね。』

先生が笑顔で話しかける。

眠気があること、行動力ややる気が出てきたことを話す。

同居の母と意見が最近合わなくて悩んでいることも話した。

母は調子がいいなら『もっと母親として娘に接しなさい』という。

私は『やりたい』と思うことから自信をつけていきたいと思っている。

 

『二人の妥協点を見つけることが大切だね』

先生がアドバイスする・・・

―さあ・・・どうなる?―

 

『じゃあ、パキシルを一錠減らしてみようか!』

―・・・減った!メインが内服量減った!―

 

嬉しさとともに、不安もあった。

メインの量が減るとどうなるんだろう・・・

未知の世界だ・・・

 

でも、確実に回復の道を進んだのは確かなことみたいだ。

 

この減薬が

吉と出るか凶とでるか・・・

未来はほんとに明るいのか・・・

また手探りで進みだす。

考えても仕方ないことは考えない!

だって

『完璧自分主義』の澄空だもん!

そう自分に言い聞かせてみる。

2週間後も笑っていたいな。そう思う『気持ち』を大切にしたい澄空でした。

 

内服薬

  • パキシル30ミリ:夕食後のみ
  • ガスモチン:毎食後
  • レキソタン1ミリ:毎食後

 

澄空の独り言

昨日大冒険をしてきた。

そのときの心境や、様子は

次回報告したいと思います。

無事だったのか・・・

楽しめたのか・・・

何が起きたのか・・・・

お楽しみに!

応援コメントくださった方

ありがとうございました!

| | コメント (6)

2006年7月11日 (火)

自分に挑戦d(@^∇゚)/ファイトッ♪

澄空はまた一つ

明日挑戦しようと思う。

 

―行くぜ!一人旅!―

 

場所は『友』の家。

自宅からバスを乗り継いで

4時間弱。

誰も付き添い無しで

日帰り旅行。

『うつ』になって初めての大冒険。

 

バスの中は

いわゆる密室

発作が起きても途中下車は出来ない。

誰も介抱してはくれない。

 

でも、やってみようと思う。

 

不安はもちろんある。

反面

自分の可能性を模索したいという好奇心もある。

 

 

―・・・どうなるかなぁ・・・―

 

しかも『友』の住む地は

一度しか行ったことがなく

『友』の家は

初めて行く場所・・・

 

 

―ほんとに大丈夫なのかな・・・―

 

考えると

不安に押しつぶされそうにもなる。

 

でも・・・

『やってみよう』

そう思った気持ちを大事にしたい。

 

出来たらまた一つ自信が増えると思うからm(゚- ゚ )カミサマ!

 

そんな澄空の挑戦。

結果は後日報告します!

 

 

バス間違えないようにもっかい確認しとこうと思う澄空でした・・・

| | コメント (4)

2006年7月10日 (月)

なんだか複雑な心境(・・。)ゞ テヘ

『旧友』改め『美月さん』がサイトに訪問してくれた。

なんとなく照れくさいものがある。

いや、自分でブログサイトのアドレス教えたんだから

きてくれたこと

素直に喜べばいいだけのことなんだけど・・・

 

不思議な感覚。

 

日常を知っている人に見られていることが

こんなに照れくさいとは・・・

 

『美月さん』の悪口はかけませんねぇ(苦笑)

―いや思ってもかけませんけど・・・怖くて―

 

それでも

これをきっかけに

私の病気や会って居なかった時間を

理解してもらえたらモウケモノ( '-' )( ,_, )( '-' )( ,_, ) うんうん

 

過ぎた時間は戻せないから

これからの時間を大切にしたいなぁ。

そう願う澄空でしたワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪

| | コメント (0)

2006年7月 9日 (日)

気分も新たにヾ(=^▽^=)ノ

最近なんだか落ち込み気味だった。

別に『うつ』から来てる落ち込みじゃなく

自分の勝手な『期待』とか、『思い込み』とか・・・

そんな自分に嫌気がさしてた。

 

―こんなんじゃせっかく減薬してるのにおかしくなりそう!―

  

そんな澄空は

自分なりに気分転換を考えた・・・

何がいいかなぁ・・・

 

―ちょっと冒険してみよう!―

 

たいしたことじゃないけど

『主婦』『ママ』『妻』を忘れることにしてみよう!

 

だからって家を飛び出すわけじゃなく(・_・ ))(( ・_・)んーん

 

『マニキュア』塗って

ちょっとイメチェンしてみた。(それだけなんだけど・・・)

 

でもけっこういい気分。

もう何年もこんなことしてないから

出来上がりはめちゃくちゃだったけど・・・ヽ(´o`; オイオイ

 

そして『旧友』とメールする。

『私』として接してくれる。

『主婦』『妻』『ママ』そんなカテゴリーにはめずに。

 

それもまたいい気分転換になる。

 

何もしないでくすぶるよりも

何かして発散してたほうが

やっぱりいい感じd(>_< )Good!!

やっぱり人間なんかしてなきゃだめみたい

そう思った澄空でした!

| | コメント (4)

2006年7月 4日 (火)

大きな勘違いヾ(・・;)ォィォィ

『友』や『旧友』との再会を経て

私はある思い違いをしていたことに気がついた。

―『昔』のような付き合いのできる友人との再会―

 

現実は

私は今主婦であり、妻であり、母である。

同じように、『友』にも

そして『旧友』にも

今の生活がある。

 

学生のころのような

いろんな意味での『自由』なんてなく

『会いたいときに会う』こともできず

『やりたいことがすぐにできる』環境でもない。

 

わかりきっていたことなのに

いらぬ『期待』

自分自身の首を絞めてしまった。

 

気づいた今は

時すでに遅しといったところ・・・

 

さて、どうやって元気になればいいことか・・・

(~ヘ~;)ウーン

そうだ!

―春の陽気の中

 私はうたた寝をして

 長い間楽しい『夢』を見ていた―

こんなふうに考えてみようかな。

 

『サヨナラ、My School Days』

                   澄空

| | コメント (2)

2006年7月 2日 (日)

大人になるにつれて・・・

澄空は『約束』が苦手です。

 

『今度遊びに行くね』

―そう、今度っていつかしら?―

『また一緒に遊びに行こうね!』

―またなんてあるの?―

『○○しようね、約束だよ』

―ふ~ん、ほんとかな―

 

『約束』は相手があること。

都合や、お金や、時間なんか

いろんな制約の中で成り立つ。

だから

思うように叶わないこともある。

  

わかってる・・・

 

でも・・・

 

ドライな私は言う。

『約束なんてうわべだけ。

その場しのぎのこと!期待なんてしても無駄だよ。』

素直な私はドライな私の影に身を潜めてしまう。

 

社交辞令・・・

結局この言葉で片付けられる現実。

いつの間にかその現実に慣れていた。

素直な私の防衛本能

 

それでも

ゼロに近いけど素直な私は存在していて・・・

 

『約束』

いつの日か素直な自分が身を潜めなくてもいい日が来るのかな。

                         澄空

 

| | コメント (2)

心のリハビリ

初めて1人で街に出た。

『旧友』に会うため。

バーゲンでにぎわう街。いつも以上の人だかり。

不安と期待が入り混じる中、地下鉄を降り

待ち合わせの場所へと急ぐ。

 

10年前

些細なことでケンカをし、そのまま音信不通にしてしまった『旧友』

 

私の幼なじみ。

ずっと気になっていたケンカのこと。

子どもだったから

謝るタイミングも失い

そのまま月日を重ねてきた。

それでも

忘れられなかったそのことに

終止符を打ちたくて

実家に連絡先まで聞いて

会うことになった。

 

『今しか出来ない!』

 

その思いだけでこの日を迎えた。

 

10年分いろんな話をした。

あの日

伝えたかった言葉をやっと伝えれた。

『ごめんなさい』

 

肩の荷が下りた気がした。

 

この先

また始まるかもしれない

もしかしたらこれで終わるかもしれない

でも

確実に前に進んだ

ちょっとだけ大人になっていた二人の関係。

 

時間の経過とともに

笑顔が自然に出てきていた。

 

 

心のリハビリ。

一つまた階段を上り始めた。

 

『旧友』に見せた自分は

本当に明るかった。

 

そのことが自分で

誇らしかった。

 

今日からまた始まる

新しい『自分』

 

少しだけ大人になった『自分』

 

こんなこともまた

自信につながる。

単純だけど

ゴールがまた少し近づいた気がする。 

 

 

澄空の独り言

『うつ』になって最近よかったと思える。

確かに辛く苦しい日々だったけど

家族のこと、友人のこと

いろんなことが

また

正常に歯車を動かし始めている。

 

なるべくしてなった・・・

なる必要があった。

 

そう思うのはちょっと極端だけど

私の人生の一部としては

いい転機になってきている。

そのことだけでも

苦しんだ日々が報われる!

なんてちょっとだけ前向き発言の澄空でした!

| | コメント (8)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »